読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウシロノ玉ネギ

多肉植物の成長と、日々のどぅーでもいいことを記録する備忘録。

増えて減って色々と

まだ春にしてこの暑さ、夏が怖い……怖いわ。夜はだいぶ過ごしやすいですが。

今週の仲間入り

先月に新設、移植、植え替えと色々改造した折にできたものの、地味なので特に載せることもなく、そのままにしていた鉢がありましてそれが以下。

f:id:azinger:20170521003107j:plain

作成したのは4月22日、この鉢の前の主である紅提灯がモダーン鉢へと移植されて空いたままになっていたので、生命力旺盛過ぎて大量に残ってるグリペをざっくりと植えただけの地味な鉢でございます。これを「グリーンペットの森」と称し、バリバリにちゃんと生長するのはもう分かりきっているのでこの季節に咲く綺麗な白い花を楽しむ鉢にしようと思います。

f:id:azinger:20170521003108j:plain

月が変わって5月、早速咲いてくれました。こちらは12日に撮影、1輪だけといわずにまとめて咲いた上、周りには次に控える蕾もたくさんあってにんまり。

f:id:azinger:20170521003109j:plain

そして今日20日、続々と咲いてくれてます。こんないっぺんに咲いたのは初めてかもしれません。

f:id:azinger:20170521003110j:plain

そんな花だけぢゃなく、植え替えて4週経過した本体の姿はこちら。元々元気だった芽は元気に、そうでない芽は静かにしているようです。

今月の単種植え鉢

5月第3週は単種で植えてる鉢。「白い如雨露と銘月」と題していた鉢にいた銘月はわっさー鉢仕立て直しの際に移植する予定なので一つ減り、しかし上記のグリペ鉢が増えたことで結局プラマイゼロの全7点。

続きを読む

アニマル of メイ

昨晩からの雨が悲しい週末、お休みの日ぐらいすっきり晴れてほしいものです。いや、出勤時の雨も相当めんどくさいんですけども。

花咲き愁麗

さて、先月アニマル鉢を更新した際にはまだ蕾だったクジラの愁麗、この1ヶ月で見事に咲きましたのでその変遷を見てみましょう。

f:id:azinger:20170513175233j:plain

まずは4月13日撮影、黄色い花が開きました。

f:id:azinger:20170513175234j:plain

別角度から。この時はまだこの蕾が全部開くことになるとは思ってませんでした。

続きを読む

続くよ、春の大改造

あっという間に5月、そしてGWも終わろうかという週末、なんという光速か。我が家のauひかりもこのぐらいのスピードがほしいものです。超おせー。

今週の新入りと植え替えと

さてさて、春になったのをいいことに色々模索画策しております。去る4月23日の日曜、遠くのホームセンターへワクテカしながら行ったらまだ全然多肉が入荷してなくて肩を落としつつも、せっかく来たからとそんな中からエケベリア属のロスラリスとおニューな鉢を仕入れて帰ってきて、いそいそ移植作業した結果が以下。

f:id:azinger:20170506221318j:plain

ロスラリスはデカくなるそうなので中央に植え、周りにこぢんまり鉢からルペストリス、十字星、グスト、紅葉祭り、天狗の舞、スプレンダー、虹の玉、銘月、黄色いネコから春萌、十字星、天狗の舞、虹の玉、黒の避難鉢から赤鬼城を加え、その他火祭りの葉挿しや紅日傘の芽などなど、余ってた芽を移植。

f:id:azinger:20170506221319j:plain

上から見た図。現状このような形にしたものの、まだ何点か新しいのを買いそうなのでその都度変更になるかもしれません。取り敢えず、「ブラウニーブランニュー鉢」と命名します。

f:id:azinger:20170506221320j:plain

移植から2週ほど経過した現在の姿がこちらです。先日作業中に誤って落とした白牡丹の葉を1枚そっと置いたりしました。

今月の寄せ植え鉢

5月第1週は寄せ植え鉢。「黄色いネコの後頭部」と題していたちっちゃい鉢は登場から31週を経て金のなる木が移植、さらに購入作成して2年が経った「多肉こぢんまり鉢」はホント生長が悪くてこれは植え替えが望ましいと同ぢく金のなる木が移植され、モダーン鉢も紅提灯が全面移植され、このグループから去ることになりました。そんななか「ブラウニーブランニュー鉢」という新入りに加え、先日金のなる木から植え替えた黒丸鉢と、余った多肉を植えてた白の避難鉢が代わりにインすることになり、先月から大きく様変わりしての全7点となりました。

続きを読む

春の大改革

2017年もあっという間にGW突入。こうやってあっという間に朽ちていくんや、そう考えるとウン千年生きる植物ってすごい。

金のなる木

4月第5週は金のなる木。春を迎えて多肉の鉢を改革するに伴い、金のなる木も色々移植されたり移動したり大忙しでございました。そんな改革の結果、一時的に避難させてる小鉢を除いて金のなる木の鉢は全5点となり、枯れたり何か事変が起こったりしない限りはこの形のまま行こうと思っています。それぞれ1年後も無事生長してることを願ってやみません。

続きを読む

新入りと大改造と

待望の春ということでアマゾソで鉢をポチッたものの、製造も販売も配送元も中国だったので大変危惧していたところ、思いの外早めにしかもちゃんと届きました。すごいぢゃまいか。(当たり前

f:id:azinger:20170422171002j:plain

購入したのは小鉢6点セット、このようなモノに入って配送されてきました。これなら余程の扱いをしなければ割れないだろうと思われます。

f:id:azinger:20170422171004j:plain

梱包材からご登場、所々窪みや突起があったり、塗りに雑なところが見えますけど、そこはかの国製ですから気にしてはいけません。毒でも付着してるんぢゃなければ問題無し。いやしかし小鉢とはいえ、本当に小さくて店頭で売ってるミニ多肉の苗がそのまま入るだけみたいなサイズ。分かってはいたけども小さい。

f:id:azinger:20170422171003j:plain

ちなみに申し訳程度の鉢底網が付いてまして、折角だからそのまま使いました。

今週の新入り

というわけで先週の土曜日、呑み会ついでのお出かけで西武池袋屋上にある鶴仙園を初めて訪れまして、大量に並ぶ多肉の苗を見つつ、主に財布と吟味しつつ、4つほど購入して帰ってきました。

f:id:azinger:20170422171005j:plain

左から火祭り錦、赫麗、レティジアが各250円、右端の紅化粧だけが400円なので鉢のグレートがちょっと違ってたりします。

生長を見守る小鉢

今月から新設する小鉢は予想以上に小さかったので葉挿し、挿し木から大きくなるまでを見守る鉢という括りにしました。もう1回ぐらいは新入りを買うかもしれないので取り敢えず、以下の5点を作成。

続きを読む
TOP