ウシロノ玉ネギ

多肉植物の成長と、日々のどぅーでもいいことを記録する備忘録。

まろ茶になる木は育つか

観葉植物記録、その3。

f:id:azinger:20140906113227j:plain

虹の玉。手前にある、にこちゃん(こないだ付けた)の成長が著しい。同じ時期に植えたのに、左端のいーちゃんや、にこちゃんに比べて右手前のみーこの色合いがよろしくないのは何故だろう。

f:id:azinger:20140906113228j:plain

真ん中4つ本体根元から、ちっこいのが生えてきています。本体4つの内、右上のものが一番しっかり立ってて葉の群集っぷりもすごい。

f:id:azinger:20140906113229j:plain

金のなる木。変化無し。枝だけのものはここから根が生えて芽が出るのか、お試し中。

f:id:azinger:20140906113230j:plain

俯瞰。右のデカちゃんの一番上の葉っぱが先週より少しだけ開いているような。

f:id:azinger:20140906113231j:plain

黒鉢。横から見ても葉が見えるようになってきました。

f:id:azinger:20140906113232j:plain

新芽は、やはりいい色してます。「萌える」とは良くいったものです。昔の人の感性は素晴らしい。

f:id:azinger:20140906113233j:plain

今週から、まろ茶コップでハイドロカルチャーしてる金のなる木も追加。移植したのは2014年8月17日。

f:id:azinger:20140906113234j:plain

上から見た図。まだ葉色はいい感ぢ。そういえば、まろ茶ってどこいきました?

f:id:azinger:20140906113235j:plain

こちらはDAKARAコップに植えた金のなる木。いつ移植したのか、覚えておらず。多分、8月のいつか。

f:id:azinger:20140906113236j:plain

右上の枝は、本体のほうで枝から根っこが生えてきたものがあって、それを折って差しました。このハイドロと、鉢植えのものは同時期に差したので、どちらが育つか対決中。

広告を非表示にする
TOP